本文へスキップ

ドローンに興味を持つ人は過去にラジコンも所有していますね。

『ラジコン経験者はドローン好き』は、 ラジコンもドローンも触ったことのない人にもわかりやすく、 ドローンはどんな部品が使われているのか、カメラに関する制約、 といったドローンに関するあらゆる情報を紹介します。

ドローンの種類

昔はラジコンを手に入れるには、いかにもオタクが通い詰めそうなラジコン専門店に足を運ばなければばりませんでしたが、時代は変わり、ネットのラジコン通販ショップで激安価格で手に入れられます。ドローンもまた然り。ラジコンショップの通販サイトでドローンが激安販売されています。ところでラジコンよりも複雑な動きで飛行するイメージがあるドローンですが、実際に操作 するならラジコンよりも簡単に感じる人が圧倒的に多いようです。 なぜかというとドローンはある程度自律してくれるので、全ての動作を人間が 細かくコントロールしなくても良いからです。 自動車で例えるならラジコンはギアを手作業で切り替えるマニュアル車で、 自律ドローンはそこそこオートでやってくれるマニュアル車といった具合です。 内臓されたセンサーで状況を判断し、人間に命令されなくても自動運転するように プログラミングされているため、操作はけっこう簡単なのです。


ドローンのパーツ

最近話題になっているドローンなのでどんなものかはなんとなく知っている人も 多いでしょうが、実物を触れたり近距離で観察したことのない人もまだまだ いらっしゃるかと思います。 なのでここではまず、ドローンを構成する多数のパーツの中でベースとなる重要 なものをいくつか解説していこうかと思います。 今から説明するパーツはたいていのドローンには付いている、いわば欠かせない 大切なものばかりなので、ラジコンをさんざんやりこんだから次はドローン買って みようかな、という人なんかはぜひとも知っておきたい事柄です。


カメラ関連パーツ

ドローンにあってラジコンにない魅力、それは撮影に関することではないでしょうか。 遠く離れた場所の映像を手軽に楽しむことができる、ドローンがいける所なら 人間にとっては危険地帯でも難なく撮影できるのはとっても便利です。 また遠くに飛ばしていると本体の周囲の様子が掴み難いのですが、積載したカメラ から送られてくる映像でそれを確認することも容易でしょう。 なので世の中に出回っているドローンの多くにカメラ機能が備わっており、今や 付いていて当たり前の存在となっています。 なのでここではカメラ関連のパーツについて紹介していきます。


その他パーツ

ここまで紹介したパーツ以外にもドローンをコントロールするのに多くの部品が 使われておりますから、そちらもいくつか紹介しておきましょう。 あまり詳しくないうちはそう意識することもないパーツですが、ちゃんとそれぞれ が役割を持っているので上級者になるためには一通り知っておくべきことです。 こんな改造をしたい、こんな機能を追加できたら便利だな、とアイデアが浮かんだ 時にドローン用のどんなパーツがあるのかを覚えておけば、改造も人に頼らずに あまり多くの時間を相談に費やさずに済ませられるでしょう。


バナースペース